« 指輪物語 | トップページ | 「テレビうつってたやろ?」 »

2006年6月15日 (木)

ウソはいかんよ、JRさんよ

鉄道のネタを書くときはだいたい文句です。
ただ都合よく「時間通り来て当然」「便利で当然」みたいなことは言うつもりはないし、それを望めばあの痛ましい事故の教訓を活かせていない…ということになります。

それでも言いたいこと、本当に小さなことですが、こんなことで信頼を落とすようなことはしてほしくない…ということです。

今朝、大阪環状線内で車両故障のためダイヤに大きな乱れがありました。故障は起こるものだから仕方がないことです。
ただ、問題なのはそのあとの応対です。
ダイヤの乱れでなかなか電車がホームに着きません。
駅のアナウンスは「約8~10分ほど遅れて運転しています」と言っていました。
この際ダイヤが乱れまくっているのだから「○○分遅れている」と言われても見当もつきません。
しかも結局電車が来たのは20分後。
「正確に言わない」「的確に言わない」アナウンスには本当に腹が立ちました。それだけの時間があるとわかっていれば別の交通手段を使うなどその対策はいろいろ考えれたわけです。
そうした情報を伝えずただ「申し訳ありません」だけでは余計に不満がふくらむばかりです。

前にもこんな記事を書きました。でも直りません。だれが悪いんでしょうか?職員でしょうか?

次元の低い話になってしまいました。でもまだ書くと思います。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 指輪物語 | トップページ | 「テレビうつってたやろ?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/10533793

この記事へのトラックバック一覧です: ウソはいかんよ、JRさんよ:

« 指輪物語 | トップページ | 「テレビうつってたやろ?」 »