« ベランダのアサガオ | トップページ | 詰め合わせ »

2006年8月 4日 (金)

例のボクシング騒動

2日にあった亀田選手の試合見ました?

あと、それからあと続いているバッシング報道も…。

たしかに”あの判定”にはボクも疑問を持っています。いくらボクシングに関して素人とはいえ、相対する二人の足の運びなどははっきりとわかったからです。だから、疑問の声が出るのは当然でしょう。

でも、気になるのはその”疑問”が”非難”に変わってきていること。その”疑問の声の代表だ”と言わんばかりに各マスコミか競って非難をしている…。ちょっと待ってよ、これまでさんざん彼らのことを持ち上げて報道し続けてきたのはマスコミさん、あんたたちでしょう。どうしてそれまで自分がしてきたことを簡単にくつがえしてしまうのか?そしてそれはオリンピック、ワールドカップでさんざん繰り返してきたことと同じでしょう?

この騒動で本当に信頼をなくしているのはどこか?あまりにもみんな”強いヒーロー”を求めすぎていて、その期待が裏切られてすぐバッシングになる…。
短絡的ですな。

banner_02人気blogランキングへ

|

« ベランダのアサガオ | トップページ | 詰め合わせ »

コメント

6月号の月刊経済にマスコミがダメになった事に対する座談会が載っていて、大変勉強になりました。
自らを省みないマスコミの罪はホントに重いですね。

投稿: 堺泉北カープ会 | 2006年8月 4日 (金) 午後 10時50分

本当にそうですね。
でも、次に注目させるべき目標が見つかればまたそれを取り上げて、みんなを熱狂の混乱の中に導くわけで、こうした”消費”はまだまだ繰り返されていくことになるでしょう。

”消費されるもの”はいまやモノだけでなく、アイドルやキャラも含めて何もかもがそれに当てはまるようになりました。もちろんその”消費”にボク自身も何かで行っているのでしょうが、そんなことでしか存在ができないのは本当のあるべき姿ではないでしょう…。

投稿: きむ | 2006年8月 5日 (土) 午前 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/11258682

この記事へのトラックバック一覧です: 例のボクシング騒動:

« ベランダのアサガオ | トップページ | 詰め合わせ »