« 今度はテレビ | トップページ | 再開するも亀の歩み »

2006年8月19日 (土)

今度はテレビ(その後)

国民健康保険の問題に関するテレビ局からの取材はかなりあちこちにわたって連絡が入っているようです。

昨日はある病院からも「内容を教えて欲しいと電話があった」とこちらに連絡があったのですが、その中身を聞いて少しがっかりしました。

というのも、そこの病院では通常の保険証を持っていない人が窓口に来たときに一緒に役所に行って交渉して保険証を発行させるなどの努力もされているのですが、その話をしてもあまり関心を示さず、いま一番国保料の収納率の悪い門真市でそうしたことが出ていないか…など、聞く側の姿勢が相当限定した形になってしまっていると言うのです。

たしかに門真市の収納率は悪く、朝日新聞で3日連続でその問題を紹介されていたぐらいです。でもそれをまた紹介するのであればただの二番煎じじゃないの?それに問題がおきているのは門真市だけじゃない。日本全国のどこでも犠牲者が出ている問題なのに、なぜそうしたことに目を向けようとしないのか?

なにかしら決められた話があってそれ以上の情報を求めないのであれば、前に紹介した週刊ポストの方がよっぽど積極的で熱心な報道だったと言えます。

今後も話をつめていくことになりますが、正直期待できないぁ…。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 今度はテレビ | トップページ | 再開するも亀の歩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/11503897

この記事へのトラックバック一覧です: 今度はテレビ(その後):

« 今度はテレビ | トップページ | 再開するも亀の歩み »