« MHP逆引きアイテム一覧 | トップページ | 疲れがピーク »

2006年9月26日 (火)

ゲーム化させられる”現実”

ゲームと現実の区別がつかなくなるという困った現象の話はよく出てきますが、
それとは別の話です。

この間国民健康保険の問題でこのブログで書いてきていますが、ここにきて
滞納者への徴収を強める危険な動きが出てきています。

驚いたのが、保険料の収納率が悪い自治体の職員を対象にした研修が行われていることで、
架空の設定をもとに滞納者に対する説得の面接を行ってみたり、様々な施策を行って結果収納率は上がったかをシミュレーションしてみたりと、行われているのはまさにゲーム感覚なのです。

実際払えずに困っている人たちは”滞納者”というゲームのキャラクターではありません。
その現実が一番大事なはずなのに、滞納者”攻略”みたいなことだけが先走っているようで危険です。

そうした中身は国保中央会のホームページから見ることが出来ます。
(右の 調べもの:社会保障の中に並んでいます。)

banner_02人気blogランキングへ

|

« MHP逆引きアイテム一覧 | トップページ | 疲れがピーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/12049939

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム化させられる”現実”:

« MHP逆引きアイテム一覧 | トップページ | 疲れがピーク »