« NHK『日本の、これから』のそれから | トップページ | へなちょこ錬金術 »

2006年10月19日 (木)

だから心配だって言ってたのに

『147人分の情報ひったくり被害 東住吉で国保徴収員』
18日付朝日新聞に、非常に小さかったのですがこんなタイトルの記事が掲載されました。
ほかの新聞にも同様のことが掲載されていました。

この徴収員と言われる人は大阪市が臨時雇用で集めたアルバイトのようなもので、土・日・祝の原則出勤そして夜討ち朝駆けで徴収業務を行うという、社会保障の原則から遠く離れた体制を大阪市は作っているのです。

で、その徴収員の一人がこの15日に路上でカバンから書類を出そうとしたところをひったくられたということらしいです。

ついにやってしまったか、大阪市さん。

臨時徴収員については「個人情報保護の観点から見て本当に安全といえるのか」といった心配を問いただしていて、それに対して大阪市は「問題がおきないようにしている」としてきたわけです。
もちろん、ひったくり犯人が悪いのはまず当然です。ですが、複数でいれば被害にあわなかったのでは…とか、安全・安心な体制に本当にしていたのかそこも当然問題になるわけです。

それに事件があった日は15日で日曜日です。本当に日曜も徴収してるんや。
毎日忙しく働いていて唯一ゆっくりできる日を狙って徴収に来る…こんなことみなさん耐えられます?

こうした心配は前々から言い続けてきたこと。それが現実になってしまったわけで、まずはこんな臨時徴収員制度をやめてしまう…むりにこの体制を続けてもまた問題が出てくるだけにしか思いません。

banner_02人気blogランキングへ

|

« NHK『日本の、これから』のそれから | トップページ | へなちょこ錬金術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/12342952

この記事へのトラックバック一覧です: だから心配だって言ってたのに:

« NHK『日本の、これから』のそれから | トップページ | へなちょこ錬金術 »