« もう整理は別の場所で | トップページ | 当然だと思っていはいけない »

2006年12月26日 (火)

近所の高齢者

今までそれがどうだったのか、あまり意識をしていなかったのですが、
周囲の高齢者の方の様子が変わってきています。

今日は朝から空き缶回収をしているおじいちゃんを見かけました。
自転車の前・後ろに大きな袋をくくりつけて走っているのです。
これまではどんな人がそういうことをしているのか、正直見たくなかったのですが、
12月10日のNHKスペシャル「ワーキングプア」を見てから、
その認識を変えなければと思いました。
職場の周りは坂しかないので、移動するだけでも大変です。
その中で小さなゴミ袋を見つけては空き缶を回収していました。

少し離れたところ、主にJRの駅の近辺では
「100円ちょうだい」
というおばあちゃんがいます。
かなり長い期間見ているような気がします。
忙しくて、本当はいろいろ話を聞きたいし、こちらも言いたいことがあるのですが、
それが実現していません。
ただ、その生活状態がどうかは別にして、人間ここまで言わなければいけなくなるのでしょうか?

悲しくなります。

banner_02人気blogランキングへ

|

« もう整理は別の場所で | トップページ | 当然だと思っていはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/13208328

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の高齢者:

« もう整理は別の場所で | トップページ | 当然だと思っていはいけない »