« 国保料また上がりますよ。 | トップページ | 払えてます?年金 »

2007年2月 8日 (木)

「産む機械発言」とその騒動

あの発言は不適切なのか?
そこまで叩く必要があるのか?

「大問題だ!」と騒いでいた当初から比べると、たしかにこんな声は多くなってきた。

ただ疑問なのは「問題だと騒ぐやつらは冷静さを欠いている」と批判している人の文面も冷静さを欠いているということ。この騒動全体が「短絡的なもの」の蓄積でできているように思います。

一つ目は、
柳沢大臣の発言が短絡的であること。
例え話であっても言ってはいけないし、「誤解を生んでしまった」としてもそんな誤解を与えるようなことをしてはいけない。”大臣”とつく人の発言は、その辺のおっさんの発言とはワケが違うので、その言葉の重みを自覚しないといけないし、本当は国民全体も「そういう重みがあるんだ」ということを認識しないといけない。いまは残念なことに”大臣”という役職の存在が結果的に軽んじられているのではないか。

二つ目は、
マスコミの取り上げ方が短絡的であること。
本当に「発言だけ」しか取り上げていない。その話全体が問題だ。結果的に発言だけが一人歩きして、これがいいのか悪いのかという構図でしか見れなくなっている。なおかつ、「これで正義を報道している」と鼻息を荒くしていることろもあり、冒頭にあげたような非難をする人は、多分こんなところをわずらわしく持っているのではないだろうか?話だけでなく、問題があるのは、そんな発言が出てくる「体質」全体のこと。ここをマスコミが報道せず、取り上げやすいところだけを使っている。ある意味職務怠慢。

三つ目は、
その発言がけしからんと審議拒否した政党の対応が短絡的であること。
審議の場である議会で審議しないでどこで決着がつくのか?パフォーマンスとしてはいいかもしれないけど、結局問題を先送りしただけ。

四つ目は、
冒頭にあるような少し冷めた意見と、大問題だとする意見が感情的にぶつかり合っていること。
これを”短絡的だ”という括りには入れたくないんです。先に挙げた2つ目、3つ目の問題がある中で、個人でどこまでの判断ができるのか…。いろんな意見は出てくることは仕方がないですが、ただ「問題だ」と言っている人の声を自分の判断基準だけで結論を言うのではなく「なぜ問題だといっているのか」を理解して欲しいんです。それでもそれを「選挙目当てだろ」という人は短絡的なものになるのでしょうが…。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 国保料また上がりますよ。 | トップページ | 払えてます?年金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/13833316

この記事へのトラックバック一覧です: 「産む機械発言」とその騒動:

« 国保料また上がりますよ。 | トップページ | 払えてます?年金 »