« 「産む機械発言」とその騒動 | トップページ | 単純になくせと言えない »

2007年2月25日 (日)

払えてます?年金

「年金保険料が払えず、督促状が届いた。どうすればいいか?」
という問い合わせが出てきました。年金を受け取る段階の話ではなく、現在保険料を払っている人の話です。

本格的に社会保障関係のことをやるようになってまだ1年弱。
国民健康保険のことがメインで、正直年金の問題はほとんど手付かずでした。

で、さっそく調べてみると、国民年金であれば『国民年金法』が規定するのですが、

第九十六条
○保険料その他この法律の規定による徴収金を滞納する者があるときは、社会保険庁長官は、期限を指定して、これを督促することができる。
<略>
○社会保険庁長官は、第一項の規定による督促を受けた者がその指定の期限までに保険料その他この法律の規定による徴収金を納付しないときは、国税滞納処分の例によつてこれを処分し、又は滞納者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村に対して、その処分を請求することができる。
<略>

第九十七条
○前条第一項の規定によつて督促をしたときは、社会保険庁長官は、徴収金額につき年十四・六パーセントの割合で、納期限の翌日から徴収金完納又は財産差押の日の前日までの日数によつて計算した延滞金を徴収する。ただし、徴収金額が五百円未満であるとき、又は滞納につきやむを得ない事情があると認められるときは、この限りでない。
<略>

と書かれています。他に関係するものとしては『国税徴収法』が適用されるそうで、ある市が発行した年金のパンフレットには「払えない場合には国税徴収法による滞納処分を行う」と書いてあります。

年金はそのかけている期間が足りないとそれだけで受け取る資格がなくなったりするわけで、年金制度の意義から考えると大きくはずれていて大問題なのですが、それだけでも大きなペナルティになるわけです。それが前段階でもこのような制裁が加わるのですから、払えない人は本当に年金制度の枠そのものから見捨てられることになってしまいます。

国税徴収法が適用されるのであれば、同時に滞納処分の執行停止も適用されるはず。それこそ適用させるには簡単ではないでしょうが、その時の年金を受け取る権利や金額はどうなるのか?まだ調べないといけないことがいっぱいです。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 「産む機械発言」とその騒動 | トップページ | 単純になくせと言えない »

コメント

こんにちは、MIXIからきました。
最近頭の隅にひっかかってる問題を扱ってくださってるので、参考&いいきっかけになります~
一方的にお世話になります。よろしくおねがいします。

投稿: もの | 2007年3月16日 (金) 午前 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/14041124

この記事へのトラックバック一覧です: 払えてます?年金:

« 「産む機械発言」とその騒動 | トップページ | 単純になくせと言えない »