« 年金で焦る | トップページ | 気づかないうちに »

2007年10月29日 (月)

まだ決まってないのに、値上げだけは確定

後期高齢者医療制度は2008年4月スタート。
なのに肝心の制度の内容についてはまだ(案)が出ているだけで、何も細かなことは決まっていません。
まだ制度の存在も知らない人もいっぱいです。

また、9月の総裁選では「負担増の凍結」が出てきましたが、これについてもどのような形にするか決まっているわけではありません。
この「凍結」の仕方を国が決めないと、各都道府県でどのような予算を組めば良いのかまったく検討できないわけで、政府の人気取りの発言が制度を決めていく大きなじゃまになっていることは間違いないです。

もちろん、「負担が重い」のが軽減される分には大いに歓迎されるわけで、だからこそ(「凍結」ではものすごく不十分だけど)早く決めてほしい。

こうした制度の詳細が決まらず、お年寄りの方たちが払う保険料もまだ決まっていませんが、年々この保険料は確実に上がるんだそうです。

なぜなら、お年寄りの医療にかかった1割分を当事者が保険料として払うので、治療費や薬価が上がれば払う保険料は増えるし、お年寄りの人口が増えればかかる医療費も当然増え、保険料に跳ね返ってきてしまうのです。
まだ詳細は決まっていないのに、上がることだけはわかっています。
「払えない」「生活できない」の限界はすぐにきてしまうのでは…。
心配でなりません。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 年金で焦る | トップページ | 気づかないうちに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/16913551

この記事へのトラックバック一覧です: まだ決まってないのに、値上げだけは確定:

« 年金で焦る | トップページ | 気づかないうちに »