« 自立?共生?じゃあ国は何をするの? | トップページ | 年金特別便その後 »

2008年9月10日 (水)

健保組合が解散 原因は後期高齢者医療制度

京樽:健康保険組合を解散…高齢者医療導入で負担増
 吉野家ホールディングス傘下で持ち帰りすし大手の京樽(東京都中央区)は9日、健康保険組合を1日付で解散し、国が運営する政府管掌健康保険(政管健保)に移ったことを明らかにした。高齢者医療制度改革で医療費負担が増加し、運営が困難になったという。8月には陸運大手の西濃運輸グループも健保組合を解散しており、今後同様の動きが広がる可能性もある。

 京樽によると、組合には従業員と扶養家族約3500人が加入している。4月の高齢者医療制度の導入に伴い、医療費負担は07年度の2億4800万円から今年度は4億5200万円と2億円以上増加する見通しとなった。収支を改善するには、政管健保と同じ8.2%の現在の保険料率を10%以上に引き上げる必要があり、より料率の低い政管健保に移ることにした。


以上、毎日新聞より

仕組みはともかく、
国が作った制度の影響で既存の制度がつぶれてしまう…
そんなことがあってもいいのだろうか?

結局国は「医療にお金がかかる」という必要性だけしか見ず、
だからこそみんなが負担で苦しむような医療制度を作った。
みんなが負担できるかどうかの見極めは全然できていないし、
見極めをしていたというならそれはあまりにも甘い。

でもそれも「見直し」で骨抜き状態…
まぁそんな骨抜きの制度でも健保組合を解散させる力があるんだからある意味すごいけど。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 自立?共生?じゃあ国は何をするの? | トップページ | 年金特別便その後 »

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/miminapu/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年9月13日 (土) 午後 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/42430663

この記事へのトラックバック一覧です: 健保組合が解散 原因は後期高齢者医療制度:

« 自立?共生?じゃあ国は何をするの? | トップページ | 年金特別便その後 »