« 悪影響しかないんだから、早く廃止を | トップページ | ワンワンワン (今日のテーマ) »

2008年10月31日 (金)

子どもに保険証が渡るようにするために

新聞でもテレビでも、
国民健康保険料が払えないために保険証を取り上げられて、
保険証がない子どもが3万人以上いるということが報道されていました。

「保険証がないとは大変だ!」「子どものことをどう思っているのか?」

…と、いろんなコメントが出ていたりしますが、
その根っこの問題である
「なぜ国保料を滞納してしまうという問題が出てくるのか」
ということに誰も触れようとしていません。

結局、国保料がそれだけ高くて払えないんだから、そこをどうするのかを真剣に考えないと。

緊急的に短い期間しか使えない保険証を出す、またはこまめに相談をすすめるなどは大事な対策だとは思いますが、それはあくまでも滞納になってからあとの話なので、そうしないための対策にどうして目がいかないんだろうか?
保険証がなくて困っている、または国保料が払えずに困っている…そうした相談にのっている人には当たり前のようにわかる話。マスコミや識者と言われる人たちはそういうことが解らないのか?

banner_02人気blogランキングへ

|

« 悪影響しかないんだから、早く廃止を | トップページ | ワンワンワン (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/42961487

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに保険証が渡るようにするために:

« 悪影響しかないんだから、早く廃止を | トップページ | ワンワンワン (今日のテーマ) »