« 貸付利率が上がる話。 | トップページ | 家族経営の会社にも退職金制度 »

2010年10月23日 (土)

医者のいない地区の人口13万6000人

厚労省が昨年10月末時点のデータとして発表したものですが、その5年前から見て医者がいない地域(無医地区)とそこに住んでいる人の数は全体で減っているという結果が出ていました。ですが、県別にみると逆に無医地区が増えているところもあり、そこはどうなのよ、と。そもそも13万人というのも少ないと見るか、多いと見るか…。

厚生労働省ホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000ulrk.html

banner_02人気blogランキングへ

|

« 貸付利率が上がる話。 | トップページ | 家族経営の会社にも退職金制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/49820114

この記事へのトラックバック一覧です: 医者のいない地区の人口13万6000人:

« 貸付利率が上がる話。 | トップページ | 家族経営の会社にも退職金制度 »