« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月 7日 (月)

将来の年金に期待?無関心? 厚労省の公的年金加入状況等調査

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000028xqe-att/2r98520000028xrv.pdf

厚生労働省のPDF資料。
興味深かったのは、23ページからの「老後の収入に何を当てにしているか」という項目。
年配の方にいくほど「年金」での生活をと比重を重く置いているのは当然ですが、
受け取る年金の額を知らないという人が結構多い。
50代で約半分ほどいましたが、多いのか、少ないのか?

また収入の当ての話に戻すと、年代が若くなれば「自分で働く」が増えてきて、
30歳より下になると「わからない」との回答が目立ってくる。

どの年代も 子どもなどに期待する といった回答は少ないのは、
少子化の問題か、それとも貧困が全世代にまで広がっているからなのか。

そもそも年金制度自身はなにも改善されていないのだから、
漠然とした期待ではなくて、かといって当てにしないというのでもなくて、
良い制度にちゃんとしてくださいよと声をあげていかないと。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »