« 厚労省が発表「市区町村別生命表」ってあんまり聞き馴染みがないですが。 | トップページ | これで無年金の問題は解消するのでしょうか?厚生年金制度の改正 »

2013年8月 2日 (金)

けっこうお年寄りの出歩いている頻度が多いのがわかります(厚労省の資料)。

厚生労働省が発表した資料の中で、
第6回生活衛生関係営業活性化のための税制問題ワーキンググループ
というものがありました。

→ホームページ←

で、この中の資料を見ようとすると、何のバグか、ページが勝手に進む進む…
なかなか落ち着いて資料を見れません。

その中であったのが高齢者の方が毎日のように出かけていて、
どのようなところに行っているのかというデータも出ていたのですが、
僕が思っていた印象よりも結構出歩いているんだなぁということが読んでわかりました。

この本題とは別のところに関心を持ったのは、
こうした状況がある中で高齢者の状況が分かってきているのに、
そうした人たちに優しい街づくりができているのかということで、
いまコストの問題などでいろいろ言われるコミュニティバスとか、
買物難民を作らない仕組みとかをもっと充実させないといけないように思うんです。

この資料の本題とは違いますが。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 厚労省が発表「市区町村別生命表」ってあんまり聞き馴染みがないですが。 | トップページ | これで無年金の問題は解消するのでしょうか?厚生年金制度の改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/57913079

この記事へのトラックバック一覧です: けっこうお年寄りの出歩いている頻度が多いのがわかります(厚労省の資料)。:

« 厚労省が発表「市区町村別生命表」ってあんまり聞き馴染みがないですが。 | トップページ | これで無年金の問題は解消するのでしょうか?厚生年金制度の改正 »