« 国の貧困対策の対象はもっと広がっていてほしい ~生活困窮者の対策の資料を見て~ | トップページ | けっこうお年寄りの出歩いている頻度が多いのがわかります(厚労省の資料)。 »

2013年8月 1日 (木)

厚労省が発表「市区町村別生命表」ってあんまり聞き馴染みがないですが。

すっかり更新がとまっています。

厚生労働省が平成22年度の分ではありますが、
自治体ごとの「生命表」というものを発表しました。
この生命表は各年齢の人が何歳で死亡するのか、
またあと何年生きられるのかという期待値などをまとめたもの…
…らしいです。

→厚生労働省のページ←
で、結果ですが、やはり大阪は低いところに入ってきています。
あとよくわからないのが男女の寿命の差みたいなものが出ているのですが、
これが何を表しているのか、不勉強なためわかりません。

まぁ、そんなことより、なぜ同じ日本の中でこうも差が出てしまうのか、
そうしたことがもっとはっきりしてくればいいと思うのですがどうでしょうか。

banner_02人気blogランキングへ

|

« 国の貧困対策の対象はもっと広がっていてほしい ~生活困窮者の対策の資料を見て~ | トップページ | けっこうお年寄りの出歩いている頻度が多いのがわかります(厚労省の資料)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90537/57907358

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省が発表「市区町村別生命表」ってあんまり聞き馴染みがないですが。:

« 国の貧困対策の対象はもっと広がっていてほしい ~生活困窮者の対策の資料を見て~ | トップページ | けっこうお年寄りの出歩いている頻度が多いのがわかります(厚労省の資料)。 »