2014年1月 1日 (水)

新年のご挨拶

昨年はいろいろお世話になりました。

その昨年はブログをはじめあまり書き込みができませんでしたので、
今年はもう少し投稿できるようにしたいと思います。

たぶん無理でしょうが。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

2010年は

少し落ち着いて記事が書けるといいなぁと、
思ったりします。

調べものリンクも充実させたいですが。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

「産む機械発言」とその騒動

あの発言は不適切なのか?
そこまで叩く必要があるのか?

「大問題だ!」と騒いでいた当初から比べると、たしかにこんな声は多くなってきた。

ただ疑問なのは「問題だと騒ぐやつらは冷静さを欠いている」と批判している人の文面も冷静さを欠いているということ。この騒動全体が「短絡的なもの」の蓄積でできているように思います。

一つ目は、
柳沢大臣の発言が短絡的であること。
例え話であっても言ってはいけないし、「誤解を生んでしまった」としてもそんな誤解を与えるようなことをしてはいけない。”大臣”とつく人の発言は、その辺のおっさんの発言とはワケが違うので、その言葉の重みを自覚しないといけないし、本当は国民全体も「そういう重みがあるんだ」ということを認識しないといけない。いまは残念なことに”大臣”という役職の存在が結果的に軽んじられているのではないか。

二つ目は、
マスコミの取り上げ方が短絡的であること。
本当に「発言だけ」しか取り上げていない。その話全体が問題だ。結果的に発言だけが一人歩きして、これがいいのか悪いのかという構図でしか見れなくなっている。なおかつ、「これで正義を報道している」と鼻息を荒くしていることろもあり、冒頭にあげたような非難をする人は、多分こんなところをわずらわしく持っているのではないだろうか?話だけでなく、問題があるのは、そんな発言が出てくる「体質」全体のこと。ここをマスコミが報道せず、取り上げやすいところだけを使っている。ある意味職務怠慢。

三つ目は、
その発言がけしからんと審議拒否した政党の対応が短絡的であること。
審議の場である議会で審議しないでどこで決着がつくのか?パフォーマンスとしてはいいかもしれないけど、結局問題を先送りしただけ。

四つ目は、
冒頭にあるような少し冷めた意見と、大問題だとする意見が感情的にぶつかり合っていること。
これを”短絡的だ”という括りには入れたくないんです。先に挙げた2つ目、3つ目の問題がある中で、個人でどこまでの判断ができるのか…。いろんな意見は出てくることは仕方がないですが、ただ「問題だ」と言っている人の声を自分の判断基準だけで結論を言うのではなく「なぜ問題だといっているのか」を理解して欲しいんです。それでもそれを「選挙目当てだろ」という人は短絡的なものになるのでしょうが…。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

仕事に誇りをもってる人

周りにいる人の中で「ボクがうらやましいと思う人」というのがいて、
自分のやりたいと思ったことにまっすぐにチャレンジできる人

そして

自分がやっていること・そのやりがいなどをさらっと言える人

は、いつもすごいなぁと思ってしまうのです。

先日も電車の中でそんな人を見かけました。
友人と話しをしていた少し年配の女性なのですが、その声があまりにも大きくて、聞かなくても耳に入ってくる状況だったのです。
その人はどこかのグループホームで働いているようなのですが、そこで接している人たちの行動など、いろんな様子を話しては「もう大変で」といっているのです。ですが最期に「でもだからやりがいがあるねん」の一言。

どんな仕事にも「しんどいこと」は必ずあります。でも「しんどい」だけではなくて、本当はそこを乗り越えた時のやりがいや達成感が必ず見えてくるはずなんです。でもそこにたどり着く前に「しんどいこと」に負けてしまって挫折してしまう…。それってもったいない。

誰かに言っているように見えてどこかでは自分に言い聞かせていること。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

当然だと思っていはいけない

年末・年始を実家で過ごして、昔の知人と会う機会がありました。
そこでいろんな話になったときに、政治のことも話題に出たのですが、
その中で、ここでも散々書いてきた社会保障の改悪…例えば、生活保護申請の拒否で餓死者が出た事件とか…を知らないという話が出てきました。
残念だった反面、「それも仕方がないか」と思う部分があります。
たしかに自分達はいま直面している問題に真剣に取り組んでいるから、その問題の本質などをつかんでいるけど、関心がない人はやはり関心がないわけで、そのギャップはどうしても出てくるわけです。
なのに、「これだけ問題が大きいのだから、自分達の主張はみんなに受け入れられて当然」と考えている人もいます。
もちろんこうした問題への関心にギャップがあるということに臆病になってしまっては理解者を広げることは出来ません。
ただ、そう単純な話ではないということなんだと思います。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

迷路・錯覚・暴走

誰にいうものかはさておき、少し考えていることを書きます。

最近よく社会一般でも、そしてごく身近の身の回りでも
”正義”
ということが言葉だけでなく、思いや行動なども含めて飛び交っています。

ドラマや映画のように勧善懲悪の世界であればその図式は簡単で、正義がまさに正義としてその存在を見せるのです。

ですが、複雑に入り組んだ人間の集まりの中では、自分にとって正義であったとしても、別の人からすれば全く違うものにもとらえられるわけで、簡単に”正義”を持ち込んだりすることが出来ません。それは「正義の名の下に」と戦争が行われ、結果罪のない人までも虐殺してしまうということが頻繁に行われる中で明らかになっています。

それなのにいま特に短絡的にその”正義”が頭をもたげてくる。しかも「嫌い」とか「むかつく」という身勝手な感情の部分も混在した中で、その自分の正当性を主張するために相手の悪い点を見つけては、それを正さねばという”正義”が表面をコーティングする。常識で考えてそれはだめだろうという犯罪などをしても悪いと考えないのはそうした「正当性」が自分の中で作り上げられていて、そこに寄りかかっているからではないだろうか?

「それは正義ではなくて独りよがりではないか?」なんて話も最近よく出てくる。もちろん簡単に否定や拒絶してはいけないのだろうけど、あまりの乱発ぶりに少し疲れています。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

余韻が長かったのね

昨日近鉄南大阪線で人身事故がありました。
今日の新聞ではあまり詳しくは出ていなかったけど、踏み切りに人が立ち入ったということのようで。
どんな理由があるにしても、自らの命を絶とうということは、結局他の人の命を奪おうとすることぐらい身勝手なことで、そんな思考にしかたどり着けないほど余裕がない状況だったのか…とか考えてしまいます。

事故そのものは午後3時くらいにおきたようですが、ボクが家に帰る10時を過ぎても電車のダイヤは大混乱。阿部野橋駅でも行き先案内表示が消えていて「どこのホームに上がればええねん」というくらいの不親切ぶり。いつものことですが、こうしてダイヤが乱れたときはとくに構内のアナウンスがとてつもなく大きく、職員の混乱ぶりがよくわかります。まぁ、そのときはすぐ電車に乗れてすんなりと帰れて、それはそれでよかったのですが、あとからその事故が昼過ぎのもので、6時間以上経っても混乱したまんまというあまりの復旧作業の遅さにびっくりしてしまいました。

ただ、この手の話が毎日のように起こる中で、感覚的に麻痺してきている自分もいて、ちょっと危ないなぁと思ったりもします。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

いびつな存在

先日八尾市にある”アリオ”という大型商業施設に行ってきました。オープンは今月の4日という新しいところです。
もともと、この出店については地元商店街だけでなく、地域住民も入った反対運動があり、仕事でその様子を取材したこともありました。

現地を見ての感想は、駅前の複雑にさまざまな施設がある中でよく押し込めたなぁというのが一番目です。映画館も併設するような大型商業施設がいま相次いで出店していますが、そのほとんどが郊外。そんなところでも日曜ともなれば大渋滞を起こすのに、それが駅前の中心街なわけですから道路の影響は相当大きなものになるのではと思います。駐車場内もルートが少なく、合流に合流を重ねていくので大渋滞に。中も外も大変です。

「大型店をつくること」という目的だけが先走って、結果大渋滞を起こすようなことになってしまっています。大阪市内でもまだまだ出店計画が出ているそうですが、同じ被害が各地に出てくるだけのような、そんな気がします。

あと、この建物の中には「中小企業サポートセンター」が入っています。それ自体どうなのかものすごく「?」な部分があります。ボクがいった日も視察か懇談かで誰か来ていたようですが、商店街の中でなく大型店の中にあるこの施設を見てどう思われたのか…?

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

健康診断

今日は自分の話。
だいたいこの時期に職場から健康診断をうけるように言われます。
が、去年までは新聞の編集の最終追い込みで健診日が大幅にずれるか、時にはうけれずじまいということもあったりするわけです。
今年はなんとか言われていた日から10日遅れて健診完了。
あとは結果がどう出るかですが…。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

疲れがピーク

だいたい月末近くになると1ヶ月分の疲れがたまりピークに達します。
そうなってくると左目が痛くなるので、「そろそろ休まないと」とそれなりにわかります。

今月もそろそろやばくなってきているなぁと自覚はしていたのですが、
今日はその極み。

朝、家の玄関を出た直後にすっころんでしまい、
両膝を強打するという最悪の出足になってしまいました。

もうカミさん大爆笑です。

これまでこんなことがなかったのに…
みなさんも体には気をつけましょう。

banner_02人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)